評価基準を知り、成長の分岐点を見極め、キャリアパスを評価を軸に考える

エンジニアの評価基準とキャリアパス

エンジニアの仕事はバラエティーに富んでいます。プログラミングを行うプログラマや、インフラ構築を担当するネットワークエンジニア、企業情報管理に不可欠なデータベースエンジニアなど様々な仕事があり、職務を担当しているだけでも十分すぎるほどの充実感を得られます。しかし社会人として働いている以上、自分の仕事を会社に評価してもらいたいと思うのは当然の願望です。果たしてエンジニアはIT業界でどのように評価されているのでしょうか?エンジニアのキャリアパスを見ていきましょう。

エンジニアの評価基準

プロの世界では、評価が給料の金額に直結します。すぐれた能力を持つ人材は高い報酬を得ることができる。それがエンジニアという仕事です。では、何をもってエンジニアの給料が決まっているかというと、それはその人が会社にもたらした「成果」に他なりません。与えられた職務をこなし、会社を発展させることが社員の仕事だからです。IT業界は年功序列を尊ぶ他の業種に比べて圧倒的に能力重視の世界であり、長く勤めたからといって必ずしも評価が上がるとは限りません。逆に言うと、若い社員にも出世のチャンスが用意されているということでもあります。成果を高めるためには、修練を積み重ねて自分の技術力をアップさせる必要があります。スキルが上達するほど作品の完成度が向上し、納品期間の短縮に繋がります。どんな分野でもそうですが、とりわけエンジニアは日頃の学習が大切なのです。

エンジニアに立ちはだかる壁

無限に膨らむ風船が存在しないように、エンジニアの成長にも限界があります。ある程度の実務スキルをマスターしたら、それ以上学習のしようがありません。というより、プログラマの場合、現場で使うプログラム言語はせいぜい数種類です。いくらたくさん覚えたからといって成果に繋がるとは限らないのです。勤続年数を積み重ねるにつれて、エンジニアは必ずこうした「壁」にぶち当たります。一体どうすれば自分の評価をさらに高めることができるのか?キャリアパスを意識する必要性が生まれてきます。

エンジニアがさらに成長するためには

結論から言うと、エンジニアが評価を上げるためには仕事の「方向性」を変えることが重要です。上記のように、エンジニアの評価は社内での成果によって決まります。自分一人の能力の成長に限界があるのであれば、他人を利用して成果をアップさせればよいのです。そのためにも、システムエンジニアやシステムコンサルタントといった管理者ポジションの役職を目指すことが肝心です。仲間を動かすマネジメントスキルを身につければ、単体で仕事をしていた頃とは比べ物にならないほど格段に成果が上昇します。シビアなIT業界で長く働きたいのなら、状況変化に対応できる柔軟性を身につけましょう。

Copyright © 2015 キャリアパス調査@データベースエンジニア All Rights Reserved.