プログラミングと営業、プロマネ。エンジニアのキャリアパスを描く上では、全てをこなすのが理想形

営業と開発の対立を無くそう!プログラマの新たなキャリアパス

誰にでも、得手不得手ということがあるものです。しかしそれが仕事であれば、ある程度は我慢しながらあれこれと試行錯誤をしつつ、どうにか結果が出るまで容易には諦めないことでしょう。IT業界の進歩は目覚ましく、その技術革新は止まるところを知りません。そのような中で日々業務に明け暮れているシステムエンジニアにとって、エンジニアとしての専門分化もさることながら、営業職や管理職といった業務は食わず嫌いになっているかもしれません。

パッケージ販売であれば問題にならない対立

システムエンジニアにとって営業とは、近くて遠い存在なのかもしれません。営業職が実際にシステム開発を担当するシステムエンジニアのことを深く理解しており、的確にクライアントの要望を実現できるようなスキルと知識があるとあらかじめ判断できるのであれば、システムエンジニアがいざクライアントと直接話を始めて唖然とする、という事態にはならないことでしょう。もちろんパッケージ販売で、決まりきった仕様であれば、問題になることはありません。しかし自社独自のサービスをシステムエンジニアが開発しており、それを主力として売り込みたいという場合には、システムエンジニア自らが営業するのでなければ、クライアントの獲得や、獲得後のクライアントとの良好なコミュニケーションを実現するというのは難しいでしょう。本来クライアントを効率良く獲得するために朝から晩まで駆けずり回っている営業職が、あちらこちらにトラブルの種を蒔き散らしているのでは、システムエンジニアにとって、たまったものではありません。

システムエンジニアが営業とマネジメントを

ここでシステムエンジニアが営業とプロジェクトマネージャを兼ねていれば、一人の中でこうまで支離滅裂な行動を採るということはできません。システムエンジニアの視点から、出来ることと出来ないことを判断し、営業するにも出来る範囲の提案を最初から行うことで、出来ないことを約束しておいて後からそれをひっくり返すという失礼千万なことはなくなります。また実際の開発プロジェクトの進行において仕様変更などはよくあることですが、クライアントへ提出している見積もりが、コスト計算から限界ギリギリのラインであり、削るところはどこにも無いとわかっていれば、設計で何とか工夫しようとするでしょう。

フリーエンジニアであれば当たり前

このようにシステムエンジニアが営業もマネジメントも行うというのは、フリーエンジニアであればむしろ当たり前な姿です。もちろん営業が不得手で外部のエージェントを頼んでいる場合もありますが、基本的には自分をよく知るのは自分であって、その技術や知識を売り込むためのに自分ほどの適任者はいないというわけです。

Copyright © 2015 キャリアパス調査@データベースエンジニア All Rights Reserved.