キャリアパスに関するあるある話。なぜプログラマはPMになりたがらないのか?

プロマネになりたくないプログラマが多い?

エンジニアとして活動しながら高年収を目指すなら、明確な将来設計を立てる必要があります。IT業界は実力重視の世界です。今は一介のプログラマでも、やる気があればどんどん異なる職種にキャリアアップすることも十分に可能です。これまでエンジニアのキャリアパスとしては、プログラマ→システムエンジニア→プロジェクトマネージャという経路が一般的とされてきました。しかし最近では、プロジェクトマネージャになりたがらないエンジニアが急増している傾向にあります。多くのプログラマがプロジェクトマネージャを敬遠する理由について見ていきましょう。

プレッシャーが大きすぎる

プロジェクトマネージャは、文字通りプロジェクト全体のマネージメントを担当する役職です。基本的にプログラマは上司に言われたことをやっていればいいので、仕事は大変ですが、ある程度の気楽さはあります。しかし、プロジェクトマネージャはプロジェクトの成否の全責任を負わなければなりません。その上、何かトラブルがあっても現場で処理することを要求されるため、非常に疲れてしまいます。システムエンジニア同様、精神疾患で休職や退職に追い込まれてしまうケースもあり、自分には合わないと感じる方がいても不思議ではありません。

キャリアパスの一元化

たいていのエンジニアは、プログラマ→システムエンジニア→プロジェクトマネージャというキャリアパスを自分の意思で選択したわけではありません。会社のニーズに合わせてやむを得ず就いたという方が大半です。
フリーエンジニアとして活動しているプログラマが珍しくない昨今、人件費の高いプログラマを無理に社内に置いておく必要はありません。むしろ会社が欲しいのは、プロジェクト全体を取りしきれる指導者的なポジションの人材です。プログラマ不要論に押されて強引にプロジェクトマネージャに昇格させられたというケースが圧倒的に多く、本当に自分のやりたいことは何なのか、自分のエンジニア人生に戸惑ってしまうこともあるのです。

技術力の衰退

プロジェクトマネージャの仕事は、クライアントとの協議やプロジェクトの進捗確認など人間関係の調整が大半です。確かにやりがいのある業務ではありますが、一度このポジションに慣れてしまうと、徐々にプログラミングスキルは衰えていきます。現場で生きてきたエンジニアのプライドが傷つきますし、万が一プロジェクトマネージャから降格した際に再びプログラマとして活動を再開するのが非常に難しくなってしまいます。自分の将来を閉ざしてしまうリスクがあるのは、エンジニアにとって非常に厄介な問題です。

Copyright © 2015 キャリアパス調査@データベースエンジニア All Rights Reserved.