現場かマネジメントかで悩む時代は終わった?エンジニアのキャリアパスを再定義

プログラマのキャリアパスをデータベースエンジニアが再定義?

例えば会社の業績を判断するという場合には、四半期末や期末の決算書を見て、前期あるいは前年と比較する、あるいは黒字なのか赤字なのか、それとも株式の市場価格の変動など、その判断基準によって様々に評価することができます。同じように個々人の生産性や貢献度といったものを会社が評価する人事考課は、どこの会社であっても難しいものですが、エンジニアについても同様です。

現場かマネジメントかの二者択一

IT業界では、少し前まで35歳定年説というものが囁かれていました。ちょうど35歳といえば、社内の中核を担うようになる年齢ですし、一般的な職種であればそろそろ管理職への異動が見えてくる頃でもあります。しかし、エンジニアとして一線を退いてマネジメントへとシフトするよりも、一生涯現役のスペシャリストとして、その道を極めたいと希望する人も少なくありません。もちろんITの専門化・高度化は目を見張るばかりであり、流行り廃れも早いため、長く経験したからと言っていつまでも通用する腕を持ち続けるとは限りません。その一方でマネジメントには向き不向きもあり、テクニカルスキルだけではなく、チームやプロジェクト全体を掌握して、適正なスケジュールを組んでその通りに全体を上手く動かして行くことが出来るような、対人スキルも同じぐらいに大切なものなのです。

人事考課を柔軟にする工夫

そこで現場かマネジメントのどちらかを選ばせるというような乱暴な議論ではなくて、ここにマーケティングの視点を導入し、目標とその達成度合いを数値的に評価するために、何をもって前進とするのかをまず定め、そのパフォーマンスが高い人には高い評価を与えるということを考える会社もあります。もちろん試行錯誤をしながらよりスマートな人事考課につなげるための第一歩と言えるでしょうが、例えば今現在提供しているサービスの改善点に関する仮説を立てて、その仮説に適合する解決策を導き出して、実際に改善したサービスを開発したと言うことができれば、その人は高く評価されるというわけです。こうすればエンジニアといえども、決してマーケティングから離れた開発を行うのではないのであり、単にプロジェクトの中の工程作業で直接的に結果を出すというレベルからは、一段上のレベルで仕事をしていることがわかります。

マネジメント志向もスペシャリストも大歓迎

もちろんマネジメントにシフトするエンジニアの存在は、会社としても大歓迎でしょう。それなりの研修を経て会社の経営に参画し、良い右腕に成長してもらいたいものです。一方でごくわずかながら本物のスペシャリストも大歓迎です。一人ですべてをこなす存在には、評価を惜しまないでしょう。

Copyright © 2015 キャリアパス調査@データベースエンジニア All Rights Reserved.