常駐型の案件が多いフリーエンジニア。常駐型の特徴とは?

フリーランスという働き方もある

フリーランスと聞くと自宅で作業を行う姿を想像する人も多いかもしれませんが、実はこのような在宅型の他に企業に通い作業を行う常駐型というものがあります。常駐型は1ヶ月から3ヶ月程度の一定期間企業と契約を結び、その後その期間ごとに契約を更新するという働き方です。フリーランスの心強い味方であるエージェント会社でよく見かける働き方となっており、在宅型よりも案件が多いという特徴があります。そんな常駐型ですが、他にはどのような特徴があるのでしょうか。また常駐型の案件を扱っているお勧めのエージェント会社とは?これらの疑問について、もう少し詳しく見ていきましょう。

常駐型フリーランスの特徴

常駐型は契約した企業に通わなければなりませんが、在宅型とは異なり安定した収入を確保しやすいという特徴があります。常駐型は一定期間ごとに契約や更新を行うため、仕事が突然なくなるという事態が起こりにくいのです。また報酬は契約時に決めた期間ごとに得ることができます。これも安定した収入を得られる理由の1つといえるでしょう。収入が不安定であることはフリーランスの欠点としてよく挙げられますが、常駐型であればそれを解消できるのです。
その他にも、生活のリズムが乱れにくい、案件が豊富、人脈を広げやすいなどの特徴があります。特に人脈はフリーランスにとってとても重要なポイントです。在宅型で働きたい人もまずは常駐型で働き、人脈を更に広げてから挑戦するというのもよいのではないでしょうか。

サポートの充実さを求めるなら

サポートが充実しているエージェント会社を探している人にはGatheneer(ギャザニア)をお勧めします。Gatheneerでは税務や事務、保険の代行サービスを行っているため、本業である作業に集中して取り組むことが可能です。中には有償のものもありますが、何かと面倒な処理を自分でする手間が省けるため、大きなデメリットにはならないでしょう。
またGatheneerでは、住居の手配や賃貸の連帯保証といった東京進出支援を行っています。一般的に案件は地方よりも東京の方が多いため、東京に来て多くの選択肢の中から案件を選びたいという人にとっては助かるサービスだといえるでしょう。
Gatheneer(ギャザニア)

希望に沿った案件に携わりたいなら

自分の希望に沿った案件に携わりたいという人にはレバテックフリーランスをお勧めします。レバテックフリーランスは常駐型の案件を専門的に扱っており、その案件の数は業界トップクラスです。希望に沿った案件もきっと見つけることができるでしょう。
また、レバテックフリーランスには専門知識を持ったコーディネーターが多く在籍しており、マッチング精度が高いという魅力があります。高額案件も多く扱っているため、自分の実力を存分に発揮できる案件に携わりたい人や高収入を狙っている人にもお勧めです。
レバテックフリーランス

Copyright © 2015 キャリアパス調査@データベースエンジニア All Rights Reserved.