データベースエンジニアの私が、現場から離れたくないというプログラマへキャリアパスを提案します

現場で働くプログラマはキャリアパスを考え直そう!

プログラマのキャリアパスといえば、システムエンジニアからプロジェクトマネージャへの職種シフトか、課長・部長と昇進するかという選択が一般的で、これによって頭を悩ませているプログラマも多いと思います。現場を離れたくないプログラマ、プログラミングを離れたくないプログラマに、現場を離れないという選択はないのでしょうか。マネジメントが不得手な人を無理にマネジメントをさせることが必ずしも得策とは限りません。現場で働くプログラマこそ、自身のキャリアパスについて視野を広げて見直してみませんか?

プロマネになりたくないプログラマが多い?

様々な役職を目指せるのがエンジニア職の魅力ですが、最近ではプロジェクトマネージャになりたがらない方が非常に増えています。システムエンジニアの上位にあたるプロジェクトマネージャになれば高年収を実現できるメリットがあるのに、何故敬遠するのでしょうか?その最大の理由が、IT業界ならではの閉塞性です。人件費の安いフリーエンジニアが珍しくない現代、会社としてはプログラマよりもプロジェクトを仕切るリーダー的人材を求めています。半ば強制的に昇格させられると、以後は人間関係の調整がメインの仕事となるため、実務スキルが衰退していきます。再びプログラマに戻れなくなるかもしれないリスクは軽視できません。

プロマネになりたくないプログラマが多い?

プログラマのキャリアパスをデータベースエンジニアが再定義?

エンジニアの評価にも、中々難しい面があります。一頃は35歳定年説が囁かれて、35歳ぐらいを境に第一線の現場からマネジメントへ身を引くというキャリアパスが通常という認識が広がっていましたが、それも慢性的な人手不足から実際とは異なっているようです。そこで現場かマネジメントかという二者択一を迫るのではなく、人事考課を柔軟に工夫することで、エンジニアの仕事にもマーケティングの視点を組み入れてその自覚を促し、会社への貢献度を数字で明らかにすることにより、個々人の評価に繋げるという試みを始めている会社もあります。もちろんマネジメントへシフトするのも、スペシャリストとして成長するのも歓迎です。

プログラマのキャリアパスをデータベースエンジニアが再定義?

営業と開発の対立を無くそう!プログラマの新たなキャリアパス

IT業界でも営業とマネジメントとエンジニアがそれぞれ分かれており、パッケージ販売であれば目立たないとはいえ、独自の技術やサービスを売り込むという場合には、ともすれば営業と開発が対立するという事態が起こります。それぞれに自分の仕事には熱心なのですが、営業は開発の内容をすべて理解しているわけではないのが通常であり、クライアントに出来ないことも出来るかのように売り込んでしまうなど、かえってトラブルの種を蒔くことにもなりかねません。そこでシステムエンジニアが営業とプロジェクトマネージャを兼ねることにすれば、その三者それぞれの視点から、最適な提案や開発を実現することが出来ることになります。

営業と開発の対立を無くそう!プログラマの新たなキャリアパス

Copyright © 2015 キャリアパス調査@データベースエンジニア All Rights Reserved.