今よりさらに知識や技術を高めてデータベーススペシャリストへ

培ってきた知識や技術力を活かせるデータベーススペシャリスト

ビックデータが活用されるようになり、近年関心を集めているデータベースエンジニア。そんなデータベースエンジニアがさらに専門性を高めることでなることができるキャリアの1つがデータベーススペシャリストです。専門家として企業のデータ管理やデータベースシステムの開発などに携わります。物事を論理的に考えることができ整理整頓が好きな方におすすめのキャリアです。経営やマネジメントの道に進むのも良いですが、より専門的な知識と技術力を身につけデータベーススペシャリストとして現場で活躍するという道も考えてみてはいかがでしょうか。

データベーススペシャリストとは

データベーススペシャリストはデータベースエンジニアが目指すキャリアの1つです。データベースエンジニアが目指せるキャリアは、顧客の課題発見・解決に取り組むITコンサルタントやプロジェクト全体を管理し成功に導くプロジェクトマネージャーなど多々あります。そのような中、データベーススペシャリストはデータベースの知識を深め技術力を追求し、エンジニアとしてもっと活躍したい方が目指すキャリアです。

専門家としてより中心的に関わる仕事

エンジニアとしての業務から少し外れることになるITコンサルタントやプロジェクトマネージャーとは異なり、データベーススペシャリストの仕事内容はデータベースエンジニアのときとそう大きくは変わりません。企業のデータ管理を担当し、データベースシステムの企画・要件定義・開発・運用・保守に携わります。ただ今までよりもさらに高い専門性を持ったスペシャリストとして業務に携わり、仲間を技術面から引っ張っていくことが大きな違いです。また下位者への技術指導も担当することがあります。そのためデータベースに関する知識や技術はもとより、コミュニケーション能力も必要になってくるポジションです。

データベーススペシャリストになるには

データベーススペシャリストは一般的にデータベーススペシャリスト試験を受験し合格した方を指します。そうでなければ名乗ってはいけないという決まりはありませんが、名乗るのであればそれと同程度のスキルを求められることになるでしょう。またデータベーススペシャリスト試験に合格すると、転職時に有利になったり資格手当が付いたりといったメリットを享受できます。そのためデータベーススペシャリストを目指すのであれば、データベーススペシャリスト試験への合格を目指すと良いでしょう。

データベーススペシャリスト試験とは

データベーススペシャリスト試験は、国家試験である情報処理技術者試験の1区分です。高度試験に位置づけられており、2018年に実施された試験の合格率は13.9%。対策を立ててしっかり勉強しなければ合格は難しい試験です。試験日は毎年4月の第3日曜日を予定されており、午前9時30分から午後4時30分まで(1時間の昼休憩を挟む)と1日掛かりで実施されます。試験は午前と午後に2つずつ。午前が多肢選択式で午後が記述式です。公式サイトで過去問題を手に入れることができるため、受験を考えている方は一度解いてみると良いでしょう。

Copyright © 2015 キャリアパス調査@データベースエンジニア All Rights Reserved.