データーベースエンジニアが語る、エンジニアのキャリアパス考察

キャリアパス調査@データベースエンジニア

エンジニアのスキルは個人差が激しく、できるエンジニアとそうでないエンジニアでは生活レベルも収入も大きく異なるのが実情です。ハイレベルなスキルと実績を積み上げ、青天井で稼ぐエンジニアもいれば、ごく平均的なサラリーマンどまりのエンジニアもいます。ITエンジニアは安泰。とあぐらをかかず、キャリアパスを見つめなおしてみませんか?ある程度実績がありスキルにも自信がついた中堅エンジニアならフリーエンジニアとして独立するのもキャリアパスとしての選択です。

エンジニアのためのキャリアパスを考察

エンジニアのためのキャリアパスを考察 エンジニアとしてテクニカルスキルを磨いて自己満足に終わるのもひとつの道であり否定はしませんが、ここでは、「エンジニアという職業を通じ収益に貢献し、エンジニア自身の収入アップに繋げること」を目的としたキャリアパスを考えてみたいと思います。エンジニアは何を基準にどう評価されるのか、キャリアパスにおけるポイントとなる資格、転職をキャリアパスにつなげる道筋など、評価・資格・転職という3つの視点からエンジニアのキャリアパスを考えていきます。 続きを読む

現場で働くプログラマはキャリアパスを考え直そう!

現場で働くプログラマはキャリアパスを考え直そう! 開発現場で働くプログラマは、将来について何らかの不安や悩みを抱えているようです。現場プログラミングを離れたくないプログラマほどその悩みは強く感じるかもしれません。昇格させられることにより現場を離れることには抵抗がある、かと言って、SEやPMとして現場のマネジメントをすることにも抵抗がある。そんな風に考えることで八方塞がりになってはいませんか?現場で働くプログラマこそ早い段階で具体的なキャリアパスを考えることをおすすめします。 続きを読む

データベースエンジニアが語るエンジニアのキャリアパス

データベースエンジニアが語るエンジニアのキャリアパス プログラマやPMのベテランスペシャリストとして、他をよせつけないハイレベルなスキルと経験によって現場で活躍し続けるのもひとつのキャリアパスですが、特定の分野でのスキルアップには個人ごとに限界があります。自身の限界を見極め、次の分野へシフトチェンジするのもキャリアパスを考える上では必要な道のりです。それまでの経験や実績、年齢、時代の流れやトレンドなどから、キャリアパスとしてより有効な方向を多角的に検討し、シフトする分野を決めていくと良いでしょう。 続きを読む

Copyright © 2015 キャリアパス調査@データベースエンジニア All Rights Reserved.